蛇口から赤錆が出た時はどうすればいい?

蛇口から赤錆が出た時はどうすればいい?

red_rust
水道の蛇口をひねると、そこからうっすらと赤く濁った水が出てくる事があります。その原因は錆びです。水道は水道管を通って各家庭に運ばれているのですが、水道管は鉄で作られており、常に水で満たされている状態が長くなります。つまり錆が起こりやすい状況がずっと続いているのです。おまけに水道水の消毒で使われている塩素は、さらに錆びの進行をすすめてしまうため、水道管はとても錆びやすい状態だと言えるのです。

この錆びの特徴としては水に溶けやすいため、普段私たちが何気なく飲んでいる水にもこの錆びが含まれているのです。長時間水道を使用しないと、錆びの量が増えるため水の色が赤く変化して出てくることがあります。

錆びと聞くと一見有害に聞こえるかもしれませんが、錆びは鉄分の一種ですから適度に摂取すればむしろ健康に良いのです。しかしながら何でも過剰に摂取することで健康被害が起こることがあります。鉄分も過剰摂取によって内臓にダメージを与えてしまうかもしれません。

錆びの味や臭いが気になる方は、然るべき対策をとることで錆びの影響を軽減できます。錆び有効な策として浄水器やフィルターを使用するのもおすすめです。水道管を変えることは難しいですし、変えてもまた錆びが起こることは避けられません。そこで浄水器で水をきれいにしてから飲料として使えるようにするのです。

浄水器は特別な工事を依頼しなくても自宅で使用している蛇口に取り付けるだけで、取り付けできるものがほとんどです。それが水道水に含まれている錆びやトリハロメタン、塩素の成分をろ過してくれます。